日ごろから乾燥させない

乾燥してしまう原因とは

日頃から肌に気を付けて生活しているつもりでも、実は逆効果だということがあります。例えば、洗顔のやりすぎです。汚れを落とそうとして肌をゴシゴシこすってしまうと、摩擦によって油分と水分がなくなります。やり続ければ肌に必要な皮脂まで落ちるので、乾燥しやすくなってしまうのです。また、洗顔時の水温も気を付けなければいけません。水温が冷たすぎると肌に不要な皮脂が溶け出さず、熱すぎると油分が溶けすぎて乾燥しやすくなります。適温は、少しひんやりと感じる32度から35度の間です。

さらに、洗顔後のタオルにも気を配りましょう。ごわごわした固いタオルだと、肌を傷つけやすくなり乾燥の原因になります。肌に優しいふわふわしたタオルを使用しましょう。

保湿は欠かさずに行おう

洗顔後に忘れてはならないのが保湿です。乾燥しやすい冬は、便利だからといってオールインワン化粧品だけで済ませてはいけません。保湿クリームやオイルをプラスして、肌を十分に保湿するように心がけましょう。クリームを塗る時のポイントは、手に取ってからすぐ塗るのではなく、手の中で温めてから塗りましょう。温めることで保湿力が増し、浸透も良くなります。顔全体にまんべんなく塗ると、クリームの油分がバリアとなってうるおいを保ってくれます。

もしも肌の乾燥が進んでしまっている場合は、なるべくシンプルなスキンケアを心がけましょう。ここでクリームやオイルをべたべた塗ってしまうと、かえって肌の負担になりかねません。クリームなどは薄く優しく塗りましょう。

トップに戻る