メイクや脂汚れをしっかりおとす

夏のお肌は傷つきやすい

暑い夏は、肌トラブルが急増する季節です。紫外線が強いので日焼けを起こしやすい上、体温が上昇することで皮膚温が上がり、それを下げようとして汗と皮脂の分泌量が増える点にも注意しなければなりません。夏は特に毛穴の詰まりと黒ずみが起こりやすいのですが、これは過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぎ、更に酸化することで黒くなってしまうから。大量の汗を放置していると汚れや雑菌の温床になってしまうこともあり、そうなれば余計に肌がダメージを受けてしまいます。傷つきがちな夏の素肌を守るには、まずしっかりと洗顔を行うことが大切。汚れやメイクをしっかりと落とすことで、肌をリセットして健康な状態に保ちましょう。ただし、そのためには正しい洗顔方法を徹底する必要があります。

夏場の洗顔の注意事項

何かと汗をかいてしまう夏。スッキリしたいと一日に何度も顔を洗う人も多いですが、スキンケアの観点から見るとこれは避けた方がいい行為。肌を守っている皮脂や天然保湿因子を洗い流してしまうので、洗顔は一日に二回を基本にしましょう。さっぱりしたいというときは、柔らかいタオルやハンカチで拭き取るように心がけて。かいた汗は放置せず、こまめに拭き取る習慣を付けるのがおすすめです。また夏場涼を取ろうと冷たい水で顔を洗う人も多いですが、これもやめておきましょう。冷たい水は気持ちいいですし目も覚めますが、皮脂が落とせなくなる可能性があります。余計な皮脂が肌に残ってしまうと、黒ずみや毛穴詰まりの原因になったり、ニキビやかぶれを起こす可能性があるので、他の季節と同様ぬるま湯で洗うように心がけましょう。

トップに戻る