夏のスキンケア

夏と言えば、肌が露出する季節ですよね。紫外線により、日焼けやシミの原因になるなど、夏場は肌にとってストレスが最もかかる時期ではないでしょうか。その肌ダメージを残さない為にもしっかりと日ごろのスキンケアをする事が大切です。

日差しから肌を守る

夏場は日差しが照りつけるため、お肌の水分が失われていき、気づかないうちにお肌がみるみると乾燥をしていきます。そのため、まずは乾燥を防ぐためにもしっかりと肌への水分補給を忘れないようにすることです。…

メイクや脂汚れをしっかりおとす

暑い夏は、肌トラブルが急増する季節です。紫外線が強いので日焼けを起こしやすい上、体温が上昇することで皮膚温が上がり、それを下げようとして汗と皮脂の分泌量が増える点にも注意しなければなりません。夏は…

しっかり保湿する

夏の高い気温とたくさんの汗が肌から潤いを奪っています!

夏はたくさん汗をかくため、肌が潤っていると勘違いしていませんか?実は気温の高い夏場は皮膚がほてった状態になるため、肌が乾燥しがちなのです。さらに塩分を含んでいる汗が皮膚に長時間付着していると、肌がどんどん干からびてしまいます。では夏のスキンケアでは、肌をどのように保湿すれば良いのでしょうか。 まず肌をしっかり保湿するためには“水分を補うべきか? or 油分を補うべきか?”という疑問が生じるかと思います。多くの人は乾燥対策として油分を重視しがちですが、保湿のためには肌に素早く浸透する水分も欠かせません。油分と水分の両方を補うことで肌のバランスが保たれ、保湿状態をキープできるのです。両方を補うことで肌がテカってしまう人は、朝は水分を多めにして夜は油分を多めにするなど、肌の状態に合わせた工夫を取り入れるようにしましょう。

フェイスパックを使う際はコットンをプラスして目元にフタをする

手っ取り早く肌を保湿してくれるアイテムといえば、顔全体を覆うシートタイプのフェイスパックです。フェイスパックについている保湿成分が体温と室温でどんどん溶け出し、肌に潤いを与えてくれます。 ただしシートタイプのフェイスパックは、目の部分に穴があいている商品がほとんどです。しかし目元は顔の中でも特に乾燥しやすいパーツです。そこで目元までしっかり保湿するために、就寝前はコットンに化粧水をたっぷりつけてフェイスパックの上から目元に乗せるようにしましょう。化粧水でひたひたにしたコットンを目元にきちんと密着させるようにして乗せておけば、多少の寝返りを打っても剥がれる心配はありませんよ。夏場は夜のスキンケアでしっかり保湿をして、オフィスの空調が強い日中への“貯金”をするようにしましょう。

冬のスキンケア

寒い冬は、肌も乾燥しがちです。また室内や外との温暖差による肌のダメージもありますよね。乾燥はそのままにしておくと、シワの原因にもなってしまいます。そこで冬は肌の状態を見ながらしっかりスキンケアをしていく事が良いでしょう。

日ごろから乾燥させない

日頃から肌に気を付けて生活しているつもりでも、実は逆効果だということがあります。例えば、洗顔のやりすぎです。汚れを落とそうとして肌をゴシゴシこすってしまうと、摩擦によって油分と水分がなくなります。…

時間をかけてゆっくり水分を入れていく

冬になると乾燥が目立ってくるので、保湿力の高いアイテムを利用する人も多いですよね。けれど、冬のスキンケアで不足しがちなのは油分だけではありません。水分も不足していることが殆どなので、油分を補う前に…

普段から潤っていると化粧のノリもいい

肌が乾燥していて、化粧をする時にファンデーションが上手く肌に乗らないということはありませんか。それだけで、化粧の時間が憂鬱なものになってしまいますよね。化粧のノリを良くするためには、普段からスキン…

トップに戻る